女性に苦手意識を持つ男性にありがちな特徴

女性に対して必ずしも好意的な感情を抱いている男性ばかりであるわけではありませんよね。そんな男性にグイグイと押してみても反応はマイナスになるばかりです。女性に対して苦手意識を持っている男性の特徴についていくつかあげてみましょう。

女性に苦手意識を持つ人は隠したがる

苦手な人や自分の弱みを見せたくない相手にはあまり自分のことを知られたいとは思いませんよね。そうなると必然的に深い話題を避けるようになります。日常的でライトな話題を選び、自分の性格に触れることや自分の考え方を訊ねられるような話題を避けます。そういった話になりそうになると用事があるふりをしてぬけていく場合は、その女性に対して少なからず避けたい意図があると思った方がいいでしょう。

苦手意識は行動にも表れている

まず、本心を隠したい・知られたくないという反応の裏返しの行動の特徴です。話している相手から手を隠す、意見を求められるような際に目をこする、口元を隠す、前で腕を組むといった特徴があります。口元、目元や手のひらを隠すという行為は本音を隠したいという心理的行動の特徴になります。女性に対してこういった行動が見受けられる場合は少なからず苦手意識があると思った方がいいでしょう。また自分のお腹や胸の前で腕を使って自分のフィールドを作り出す行為は、『自分のフィールドにこれ以上土足で上がらないでほしい』という気持ちの表れでもあります。

女性に苦手意識を持つ男性にありがちな特徴

苦手意識からストレスを感じ緊張状態を示す

次にその対人関係から緊張状態を感じているという場合の特徴です。鼻や鼻の下をさわる、のど元をさわる、ひざを触るといった特徴があります。いずれも自分を落ち着けようとしている行動なため自然に触っていて本人にあまり自覚症状はありません。これらのサインを見つけたら、少なからず不安・緊張感・ストレスを感じている状況であることがわかります。

ひどくなると対人恐怖症やうつにも

人に対する苦手意識が強くなると心理的な行動だけでなく身体的な特徴が見られるようになります。額や鼻の頭、手などに汗をかいたり、手や足が震えたり、心拍数・血圧が上昇したり、めまいや吐き気がするなどの場合があります。軽い苦手意識から対人恐怖症までを段階的に示しましたが、程度によってはこちらからのアプローチを控えた方がいい場合もあるので押さえておきたいですね。

Top